プラザキサ 診療サポート治療について

Q. 抗凝固療法を必要とする患者さんとは?

A. 心房細動の患者さんは、「心不全/左室機能不全」、「高血圧」、「高齢者(75歳以上)」、「糖尿病」、「脳卒中/一過性脳虚血発作の既往」の項目に該当すると、脳梗塞を発症するリスクが高まるため抗凝固療法が必要となります。

心房細動の患者さんが心原性脳塞栓症を発症する割合は、リスク因子の有無によって大きく異なります。心房細動による脳梗塞発症リスク評価スコアとしてCHADS2スコアがあります。

CHADS2スコア

CHADS2(チャズ・ツー)スコア
心房細動患者における脳梗塞発症のリスク評価に用いられる指標。「CHADS」とは、脳梗塞発症リスクの高い因子であるCongestive heart failure / LV dysfunction(心不全、左室機能不全)、Hypertension(高血圧)、Age(年齢)≧75歳、Diabetes mellitus(糖尿病)、Stroke/TIA(脳卒中/一過性脳虚血発作の既往)の頭文字より命名。Stroke/TIAの既往がある場合のみ2点、その他は各1点として合計0~6点で脳梗塞の発症リスクを評価する。

ダビガトランは第Ⅲ相国際共同試験 RE-LY試験において、CHADS2スコアにかかわらず、ワルファリンに比べ出血リスクを高めることなく脳梗塞の発症を低下させました。この結果を踏まえて、日本循環器学会では、心房細動治療(薬物)ガイドライン 2013年改訂版において、CHADS2スコア1点以上の患者さんに対してダビガトランの投与を推奨しています。

心房細動治療における抗血栓療法 心房細動治療(薬物)ガイドライン 2013年改訂版