プラザキサ 製品紹介Upcoming Clinical Trial 
RE-CIRCUIT試験

プラザキサはカテーテルアブレーション周術期の抗凝固療法に適しており、継続投与下における安全性・有効性の確立に期待

吉田 幸彦 先生

吉田 幸彦 先生

名古屋第二赤十字病院
第二循環器内科 部長

アブレーションは心房細動治療の第一選択として確立しつつあり、
適応の広がりに期待したい

心房細動に対するカテーテルアブレーション治療(アブレーション)は、症状があり、抗不整脈薬に抵抗性のある患者さんが主な対象となり、治療の第一選択として確立しつつありますから、今後はさらに適応が広がることを期待しています。例えば、アブレーションの適応項目から「抗不整脈薬への抵抗性」がなくなれば、施行例数の多い施設では、心房細動の症状がある方に対し、最初から治療選択肢の一つとしてアブレーションを提示することができます。また、無症状の持続性心房細動患者さんの中にはCHADS2スコアが高い、血栓塞栓症のリスクが高い方もいらっしゃるので、将来的にはそのようなケースにもアブレーションの適応が広がることによって恩恵を受ける患者さんも多くなるのではないかと思います。最近では、肺静脈の入口部を一括で凍結するクライオバルーンアブレーションという新しい治療もありますので、今後アブレーションによる心房細動治療はますます普及していくと考えています。

持続性心房細動に対するアブレーションは左房径が拡大しないうちに施行したい

1回目のアブレーションで心房細動の再発が抑制される割合は、発作性でも術後約1年時点で8割程度であり、持続性になると治療成績はさらに低下します。そのため、現在、肺静脈隔離に加えてどのようなアブレーションを施行すれば治療成績が向上するのかが世界中で検討されています。アブレーションは発作性のうちに、持続性でも左房径が45mmを超えて拡大しないうちに施行すれば治療成績は比較的良好ですから、プライマリケアの先生方には、アブレーション目的の場合は、早期にご紹介していただくようお願いをしています。

プラザキサはアブレーション周術期の投与に適しており、
継続投与時の安全性・有効性の検証が期待されている

非ビタミンK拮抗経口抗凝固薬(NOAC)の中で、非弁膜症性心房細動を対象とした第Ⅲ相臨床試験において、ワルファリンと比較して虚血性脳卒中の抑制効果が示されているのはプラザキサ150㎎1日2回だけです。アブレーションを希望される患者さんの多くは若年であり、腎機能が保持されている場合が多いことを考慮すると、プラザキサはアブレーション周術期に投与する経口抗凝固薬として適していると思います。心房内に血栓が認められた場合でも、プラザキサを投与して数週間すると血栓が消失し、アブレーションが問題なく施行できる症例を当院では数多く経験しています。
アブレーション周術期の抗凝固療法において、ワルファリンは国際的にも休薬せずに継続する流れになっており、当院でも継続投与しています。一方、NOACを継続しても安全性・有効性に問題がないかどうかは現在も未解決の課題です。当院では、1日2回投与のNOACの場合は術当日の朝のみ休薬しています。1日1回投与のNOACの場合は、アブレーション施行が決まった段階で服用のタイミングを夜1回に変更して半日休薬した状態にすることで、アブレーション周術期も継続投与しています。
こうした状況の中で計画されたRE-CIRCUIT試験は、アブレーション周術期にプラザキサを継続投与しても安全性・有効性に問題がないかを検証する国際多施設共同試験です。アブレーション周術期にプラザキサを継続投与し、有効性を担保しつつ、出血リスクはワルファリンと比較して非劣性であることが実証されれば、アブレーション周術期の抗凝固療法はより安全かつ簡便に実施できるようになると思います。