プラザキサ 製品紹介Upcoming Clinical Trial 
RE-CIRCUIT試験

カテーテルアブレーション周術期における継続投与のエビデンス構築によりプラザキサはさらに使いやすく

井上 耕一 先生

井上 耕一 先生

桜橋渡辺病院 循環器内科 部長
心臓血管センター 不整脈科 科長

心房細動患者さんの生命予後の改善が目指せるアブレーション治療

カテーテルアブレーション治療(アブレーション)は、心房細動の根治を目指すことができる治療法です。心房細動では、動悸などの不快な症状だけではなく、心原性脳塞栓症や心不全の発症リスクの増大が問題になります。このうち不快な症状を抑えるために、通常は抗不整脈薬が用いられますが、合併症により抗不整脈薬が投与できない場合や、十分な効果が得られないケースが少なくありません。日本循環器学会のガイドラインでは、アブレーションは、「薬物治療抵抗性で有症候性の発作性および持続性心房細動」に対して、それぞれクラスⅠおよびクラスⅡaに位置付けられています。このうち、「有症候性」がキーワードであり、アブレーションは心房細動の症状を消失させ、患者さんのQOLの改善を目指す治療とされています。一方で、心房細動は生命を脅かす疾患であることも忘れてはなりません。心不全を合併した無症候性の心房細動患者さんに対して、アブレーションを施行したところ、生命予後が改善したという報告があります。このような背景から、今後は症状がなくても、生命予後の改善を目的として心房細動患者さんにアブレーションを施行するという選択肢も増えてくるのではないかと考えられます。

アブレーション施行前から抗凝固療法をしっかりと行うことが大切

わが国の心房細動患者さんに対するアブレーションの年間施行例数は30,000例以上と言われています。人口の高齢化に伴う心房細動患者さんの増加により、アブレーション施行症例数はさらに増え、近い将来50,000例を超えると推計されています。当院でも心房細動患者さんに対するアブレーション施行例数は増加しており、年間400例以上を施行し、その多くが他院からご紹介いただいた患者さんです。アブレーション施行中には血栓形成のリスクが高まるため、アブレーション施行前から抗凝固療法をしっかりと行うことが大切ですが、プラザキサをはじめとした非ビタミンK拮抗経口抗凝固薬(NOAC)の登場以降、抗凝固療法の必要性がより認識されたことから、今ではご紹介いただいた時点で、ほとんどの患者さんにNOACを中心とした経口抗凝固薬が導入されています。NOACには1日2回投与と1日1回投与の薬剤がありますが、当院ではアブレーション周術期においていずれのNOACも術前日までは通常どおり服用し、術当日の朝のみ休薬してもらっています。そして、1日2回投与のNOACの場合は術当日の夕方から服用を再開、1日1回投与のNOACの場合は朝の分を夕方にシフトして服用してもらいます。

アブレーション周術期におけるプラザキサ継続投与の安全性に関する
確固たるエビデンスが得られることを期待

アブレーション周術期におけるプラザキサ継続投与の安全性については、ワルファリン継続投与と同程度であることがわが国でも報告されていますが 1 、やはりランダム化試験による確固としたエビデンスが必要です。そこで、国際多施設共同試験であるRE-CIRCUIT試験で、アブレーション周術期における抗凝固療法として、プラザキサ継続投与の安全性と有効性が実証されれば、今まで以上にプラザキサは使いやすくなると期待しています。

1Nagao T. et al; Intern Med. 2015; 54(10):1167-1173.